レンズの力

d0184386_22462381.jpg

写真撮影を楽しまれる方であれば、お気に入りのカメラやレンズの一つや二つは
あるかと思います。



2~3年前、初めて一眼レフを買いました。
ペンタックスK-7です。
ボディのみを購入し、レンズは吟味してから買おうと思っていました。
少し経って、レンズが届きました。

Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK

当時、ディスコンのアナウンスもあり、「買うならいつか?今でしょ!」となったわけです。
初めて購入したレンズでした。選んだ理由は「Carl Zeiss」の名前がカッコイイから!
キャプテン翼に出て来る、カール・ハインツ・シュナイダーみたいだな、と思っていました。
当初は、「やはりAFレンズにすべきだったか!」と少し後悔していました。
しかし時間が経つにつれて、その描写の良さが分かり、今ではお気に入りの一本となっています。

開放では、ボケボケが炸裂します。これが良いんです。
絞ると、ものすごくパッキパッキになります。これも良いんです。

残念ながら撮影の腕前がないもので、その力を活かしきれていませんが、
今後も手元に置いておきたい一本です。

プラナーよ、愚作ばかりですまぬ。
そして、これからも助けておくれ。



撮影機材を語るほどの知識は持ち合わせていませんが、このレンズの良さは実感できるので、
少し文章にしてみました。

では、皆さん良い時間をお過ごし下さい。
[PR]
by golden_giraffe | 2013-03-23 18:00 | 我がまま | Comments(0)

来てくれてありがとう


by golden_giraffe